• 検査が大切になる子宮頸がんと痺れについて

    2017年1月14日

    子宮には子宮頸がんと子宮体癌の2つのタイプのがんが知られていますが、中でも子宮頸がんは子宮の入り口のところにできる症状となります。特徴としては、そのほとんどが皮膚がんの種類と同様になっており、発症する年齢としては30~40歳代と比較的低い年齢に見られています。原因としては、皮膚や粘膜に感染していぼを...

    記事の続きを読む