• 日本でのクラミジアとマクロライド系抗生物質と検査

    2016年11月3日

    日本における感染者の若年化が進んでいることが問題になっている性行為感染症が性器クラミジアです。世界的に見ても患者数の多い性行為感染症ではあるものの、先進国である日本においても100万人を越えるような患者がいるとされているのが特徴であり、その感染者数も着々と増えてきています。若年化の状況も著しく、女子...

    記事の続きを読む