検査で尿道炎の原因を確定し治療でニキビ改善も

尿道炎は比較的女性よりも男性に多い症状で、菌が尿道の粘膜に感染することで引き起こされます。性行為により感染することが多く、クラミジアや淋菌、マイコプラズマなどがあります。

排尿時に違和感を感じ、中々治る気配がなければ尿検査を受けるべきで、尿道のかゆみ、痛みやむずむずした感覚、灼熱感そして分泌物が出てくることもあります。全く症状が出ない場合もあり、とくにクラミジア尿道炎は膿が出にくく痛みも軽微であり、感染後の発症も1から2週間と割りと遅いため検査を受けて初めて分かる場合もあります。

尿検査で白血球が増えていることで尿道炎と分かるのですが、クラミジアやマイコプラズマの場合は増えないこともあるため、PCR検査を行い感染菌の特定を行うことでよりはっきりとした病名を確定できます。

治療に用いられる薬は抗生剤になりますが、感染する菌の種類によって処方される内容が違ってくるため以前に貰った薬などで代用しないように注意が必要です。薬により菌を死滅させることができれば、症状も改善が見込めます。菌を死滅させたり炎症を抑える働きがある薬が処方された場合、ニキビが改善することもあります。ニキビの炎症も菌によるものであるため、抗生剤などが有効的です。

菌が感染したことによる尿道炎を治療中の間は、性行為を行わないかコンドームを使用し、パートナーに菌を感染させないようにするべきですし、すでに感染してしまっている可能性もあるため検査を受けさせたほうが安心できます。治療には1週間から2週間程度かかります。

尿道炎は保険診療が可能で、検査と処方箋料で3000円程度が平均的な価格で、さらに調剤薬局での料金がかかります。調剤薬局での料金は店舗ごとに違いがあります。

ページの先頭へ戻る