検査が大切になる子宮頸がんと痺れについて

子宮には子宮頸がんと子宮体癌の2つのタイプのがんが知られていますが、中でも子宮頸がんは子宮の入り口のところにできる症状となります。特徴としては、そのほとんどが皮膚がんの種類と同様になっており、発症する年齢としては30~40歳代と比較的低い年齢に見られています。原因としては、皮膚や粘膜に感染していぼを起こすヒトパピローマウイルスと呼ばれるウイスルが大きく関係していると言われており、実際、症状の90%以上からの確認がなされています。
ウイルス感染に関しては、ほとんどの人が一生のうちどこかで感染をするとされていますが多くは自然に治癒されることになり、その中の持続感染している一部に子宮頸がんが発症すると言われていいます。
子宮頸がんへの対処法として重要となるものに定期検査があります。症状の特徴としては無症状の場合が多く、そのために早期に発見をするためには、最低でも1年に1回は検診を受けることが大切なことになります。
子宮頸がんの治療法としては、現在、手術、放射線照射、抗がん剤による化学療法の3つを組み合わせることで行われており、特に、抗がん剤に関しては、手術後の追加治療として用いたり、手術前に腫瘍を小さくしたり、放射線と同時に使用したり、手術や放射線が使用できない状態では単独で使用する場合があります。抗がん剤の使用に関しては、副作用に考慮をすることが必要になりますが、内容としては、悪心や嘔吐、白血球の減少や血小板の減少、貧血があり、脱毛や筋肉痛、関節痛が現れる場合もあります。他にも痺れがあり、投薬を受けることで手先や足先などが痺れてくることがあります。原因としては抗がん剤が神経細胞を痛めることによって起こることになり、治療を繰り返すことでひどくなっていったり、場合によっては治療が終了しても改善しないことがあり、そのような場合には早めに主治医へ相談をすることが大切なことになります。

ページの先頭へ戻る