即日検査も実施されるエイチアイブイ感染の確認方法

感染症の治療においては原因を特定するということが重要であり、そのための検査技術の向上が医療業界に大きな課題として取り上げられてきています。その結果として多くの感染症に対して有効な方法が見出されてきており、特に問題とされることが多い感染症についてはほとんどが簡便にわかるようになってきています。その代表的なものがエイチアイブイであり、長い無症状の期間を経て免疫系がほとんど機能しなくなってしまう免疫不全症の原因として知られています。エイチアイブイ検査は病院や保健所で行われていることに加えて、キットを通販で手配することによって自宅でも簡単に行えるようになっています。性病としても知られていることから人に知られたくないという人も多く、キットによって誰にも知られずに調べるということもできるように配慮がなされるようになってきているのです。エイチアイブイの基本となるのはエイチアイブイに対する抗体の有無を調べるスクリーニング検査であり、迅速な方法が確立されていることから即日検査が可能になっています。即日検査で行われる方法では擬陽性が出てしまいやすいという欠点こそあるものの、陰性であればまず感染していないことは保証されます。擬陽性である古都を確認するために別の抗体検査や核酸増幅検査が行われるのが即日検査の陽性の際に行われることであり、こういった過程を経て感染の有無を確定することが基本的な流れとなっています。ただし、感染の初期にはウインドウ期と呼ばれる抗体の量が少なくて検出が難しい期間もあるということも知られています。その期間に該当する場合には陰性になっても感染しているリスクがあるということは注意が必要です。

ページの先頭へ戻る