クラミジアの検査や診断とビブラマイシンの処方

性行為によって感染するような疾病のことを、総称として性感染症といいますが、そのなかでも比較的多くみられるのが性器クラミジア感染症というものです。
この性器クラミジア感染症というのは、クラミジア属に分類される病原性微生物が、性行為のときに相手から感染したことが原因となって引き起こされるものです。
クラミジアのなかまは目に入ると重篤な結膜炎を引き起こすこともありますが、感染部位が性器であった場合には、特に男性において尿道の軽い痛みを覚えたり、日頃は出ないような分泌物が出たりすることがあります。
女性は初期症状としては男性にくらべれば軽易であり、おりものの量が増加する程度となっていますが、放っておくとこのクラミジアによる感染が子宮の奥のほうまで進んでしまい、子宮内膜炎、子宮頚管炎、卵管炎などといった疾病に発展する可能性があります。
そのため、性器クラミジア感染症にかかったのではないかとうたがわれる場合には、すみやかに病院に行き、必要な検査を受けるべきといえます。
病院では採血やおりものなどを採取する検査を行い、最終的にクラミジア由来の疾病であることを特定しますが、基本的には問診などによっても症状の特徴からある程度の診断は可能なものです。
性器クラミジア感染症という診断が出た場合には、ビブラマイシンのような抗生物質を処方されることが多いようですが、このビブラマイシンは、基本的に経口で服用するだけでクラミジアのような病原性微生物の増殖をおしとどめるはたらきのある製剤であり、有効にはたらけば痛みなどの症状もじきに完治することになります。
ビブラマイシンは、クラミジアのほかにも、肺炎球菌、淋菌、コレラ菌、赤痢菌などといったものに対しても効果があるため、病名がクラミジアとは異なる感染症の場合にも処方されることがあります。

ページの先頭へ戻る